医療法人康榮会 岩田クリニック

京都市伏見区の外科・内科・肛門科・皮膚科
くいな橋駅・脱毛・ステロイドホルモン・抜け毛・うす毛・チャンピックス

〒612-8411 京都府京都市伏見区竹田久保町19-1 
TEL 075-646-2880 
FAX 075-646-2881 

 

※上記QRコードをよみとっていただきますと、携帯サイトが閲覧できます。


岩田クリニックは井山敬介選手を応援しています。

第51回全日本スキー技術選手権大会優勝(2014年度)

トップページ»  花粉症注射

花粉症注射

当院では、花粉症で大変お困りの方に注射をしております。  通念にわたって、原因となっている花粉は何か? ハウスダスト、ダニ、動物に対してもアレルギーがあるのか? 採血にて、原因を検索する事が可能です。(保険適応)

花粉症注射

《 ☆ 一般に、花粉症の治療には、ステロイドホルモンを、”おしり”に注射します ☆ 》

花粉症注射の副作用・注意点

☆ 花粉症の対策として

規則正しい生活を心がけ、睡眠を充分にとり、ストレスをためない事。
外出時はマスクを着用し、帰宅後は、うがい、手洗い、鼻洗浄を。
洗濯物、衣類、ペットなどに付着した花粉を室内に持ち込まない事。
部屋の加湿器・空気清浄機の設置も基本です。
⑤  花粉が飛び始める1ヶ月以上前から、抗アレルギー剤の内服を! (花粉症状が出てから薬を飲み始めても、効果が出るまでに時間が掛かります)

 

☆ 花粉症の治療として<上記対策をした上で> 

抗アレルギー剤(第2世代抗ヒスタミン剤)などの内服の継続。(眠気が来る・来ない薬、1日1回あるいは2回タイプの薬など選択出来ます!)
症状に応じて、点鼻薬・点眼薬を使用。
改善がなければ、漢方薬(小青竜湯)や他の内服薬(オノンカプセル)の併用、経口ステロイド剤(セレスタミン錠やプレドニン錠)の一時的な使用も考慮。
⇒ それでも改善がなければ、注射<但し、保険適応外です>を考えましょう!

 

☆ 費用 <診察代は、別途請求(保険適応)となりますが、注射代は、保険適応外です>
 ★ 注射のみの方: ¥3,000
 ★ 内服・点眼・点鼻薬(保険適応)処方のある方: ¥2,500(割引もありますので、詳細は受診時に)

 

☆ 注射の副作用・注意点

女性の場合、生理が1~2ヶ月だらだらと続く事があります。
  閉経後1~2年以内の方も、一時的に生理が始まる事があります。
  その際、慌てて婦人科を受診される必要はありません。
  ほぼ2ヶ月以内には、元の周期に戻ります。排卵は正常にあります。
  心配なら、花粉症の症状に応じて、注射薬の量を減量する事も可能です。
   
体質により、注射した部分が、淡く白っぽくなり、凹む方がおられます。
  男性よりも女性に多いようです。
  ほとんどの方が1~2年位で自然に元に戻りますが、毎年注射されている方の中には、次々と凹みが出来る方もおられます。
  水着の着用等で気になる方は、出来るだけ隠れる部分に注射しますので、お申し付け下さい。
   
糖尿病、腎機能不全の方は、注射によりコントロール不良になりますのでご遠慮下さい。但し、軽症の方で花粉症状がひどく、日常生活に支障を来たす場合は、御相談下さい。
   
妊娠中あるいは妊娠の可能性のある方は、注射出来ません。しかしながら、妊娠に気付かず、たまたまステロイドを注射した方で、 異常な赤ちゃんを出産した例は、今のところ報告されておりません。
   
”ステロイド”と聞くだけで、かなり神経質になる方もおられますが、長期にわたって、多量に使用しなければ、通常問題はありません。